« ハードウェアをどこで調達しますか? | Main | CISCO機器のACLで、意外と知られていない必須ルール »

June 25, 2004

HDDを丸ごとコピーする方法

(クラウド全盛の現代には今どきな内容ですが、12年前に書いた内容の移行ということでお許しを)

 

同じOSイメージを複数台のサーバに展開しようとする場合、1台1台インストールしていくのは大変面倒なので他の手段を取りたいですよね。ではどうやるか。

 

■悪い例
(1) 全てのサーバにOSを手動でインストールし、個別設定していく。(←面倒すぎます!)

 

■良い例
(2) RAIDコントローラのRAID1ミラーリング機能を使って、ミラーを作る。(←簡単。お勧め)
(3) バックアップソフトを使う。(←バックアップも取れて一石二鳥)
(4) サーバメーカーにマスターHDDを送付して、メーカーの方でミラーを作ってもらう。(←1台あたり数千円程度かかると思います)

■理想的な例(ただしHDDを丸ごとコピーするわけではないですが)
(5) PXEブートを使う。(←サーバ構築を頻繁に行う環境では最もお勧め。DHCPサーバ、PXEサーバ、ファイルサーバなどを構築し、かつOSイメージを作るのが面倒ではある)

|

« ハードウェアをどこで調達しますか? | Main | CISCO機器のACLで、意外と知られていない必須ルール »

Comments

お久しぶりです。御元気でしょうか。

Linux/Unix で dd とかいうtraditionalな方法はだめでしょうか。最近はknoppixとか便利なもんがあるのでCD起動できるし。

同じサイズならNo prob だし、大きいディスクに動かすならあとでパーティーションテーブルいじればいいかなと。

まあ、(2)が使えるときはもちろんそうしますが。

パーティーション単位のコピーだと、Acronis の ParitionExpert というのが割と重宝しています。リサイズに対応しているファイルシステムが多いのが助かります。

Posted by: とおやま | September 04, 2004 07:56 PM

コメントありがとうございます。いや~本当にお久しぶりです。

ddを使うという方法は全然思いもつかなかったですね。

最近はあまりにも業務が多岐に渡ってしまっていて研究を要するような楽しい手段になかなか時間が割けなくなってしまっています。そんな時間があったらアプリケーション買ってきて対応しろよ、とか言われてしまいます。学生のときや、会社がまだ小さかった頃はいろいろ実験ができて楽しかったんですけどねえ。

Posted by: sanonosa | September 06, 2004 06:48 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference HDDを丸ごとコピーする方法:

« ハードウェアをどこで調達しますか? | Main | CISCO機器のACLで、意外と知られていない必須ルール »