« なぜシステム管理者と開発者は対立するのか | Main | 【番外編】 外国語習得おすすめの方法 part2 »

December 02, 2004

システム担当者が1名しかいない会社の危険性

ここ(CIOを別に置かなければならない理由 )でも述べましたが、会社創業当時からずっと1人のシステム管理者がシステムを切り盛りしているような会社では、その後会社がとても危険な状態になります。社員数50名くらいでサーバ台数が30~100台くらいの会社でシステム管理者が1名しかいない会社は要注意です。そういった会社で働くシステム管理者の心境は以下のようになっていることが多いです。

 「うちの会社のシステムのことは自分でないとわからないぜ」
 「これまで創り上げてきたシステムはいわば自分の作品だ」
 「そろそろ新しい人を入れたいけど複雑なシステムになってしまってるからうまく仕事を分担できるかなあ。」

社内に1名しかいないシステム管理者がこんなことを言っているとしたら本当に危険です。本当にその人が言うようにすでに社内でその人しかシステムのことを理解できなくなっている状況なのでしょう。

この状態が何故危険なのか。最も危険なのはもちろん「その人がいなくなったらシステムが動かなくなってしまう」ということと「これ以上システム規模が大きくなると崩壊する」ということですが、もう一つ重要なことがあります。それは「M&A等の企業合併がもし行われたとして、システム部隊は合併できない可能性が高い」ということです。お互い自分が管理することを前提にシステムが最適化されてしまっていてそこに他人が入り込むのが不可能な状態。こんな場合は間違いなくシステム部隊統合は不可能です。

会社経営者の方がもしこの書き込みをご覧になったとしたら至急自身の会社のシステム管理者の考え方をチェックしてみてください。システム管理者が会社のシステムを少しでも自分の作品であると勘違いしているような兆候が見られたら新たにある程度優秀な人材を大至急システム管理部隊に追加投入することを強くお勧めします。

|

« なぜシステム管理者と開発者は対立するのか | Main | 【番外編】 外国語習得おすすめの方法 part2 »

組織・スキルアップ 【人気】」カテゴリの記事

Comments

システムの独り占めはウチでも懸念されると思います。専任がネットワーク1名、システム1名という感じで組織的にもバラバラなので、統合して情報・業務の共有をすれば良いと訴えてるのですが、なかなか理解されないです。学術系はみんなどこもそういう悪習みたいですが;-)
こちらを見るようになってから、管理者が集うポータルサイトとか作ったら面白そうだなぁとか思うようになってきました。話せない事も多々あると思いますが笑

Posted by: 谷渓谷 | December 03, 2004 at 11:18 AM

最近読者の方が急増しているので、管理者が集うポータルサイトを本当に作ってしまうのもよいかもしれませんね。今度作ってみます。アイデアありがとうございました。

Posted by: sanonosa | December 03, 2004 at 11:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/2132046

Listed below are links to weblogs that reference システム担当者が1名しかいない会社の危険性:

« なぜシステム管理者と開発者は対立するのか | Main | 【番外編】 外国語習得おすすめの方法 part2 »