« December 2004 | Main | February 2005 »

January 31, 2005

ネットワーク機器で昔とまどった用語集

昔ネットワーク機器について何もわからなかった頃、ネットワーク機器のカタログにある用語がちんぷんかんぷんに見えたものです。ということで今回はそれらの用語をわかりやすく噛み砕いてみたいと思います。これだけ知っておけばとりあえずネットワーク機器のカタログを読みこなせるかな?

【ワイヤースピード】
ワイヤー(銅線)上を流れる信号の速度を損なわないくらい高速にパケットのスイッチングやルーティングが行えることを指す用語。例えばネットワーク機器に100Mbps近くの信号がIncomingしたとして、ワイヤースピードのネットワーク機器だと100MbpsのままでOutgoingできます。家庭用の安いスイッチングHUBだと当然ワイヤースピードは出ないのでネットワーク機器がボトルネックになります。

同義語:ノンブロッキング

【スイッチファブリック】
スイッチの内部メモリでフレーム伝送に利用される帯域幅のことです。bps(bit per second)で表します。


【リダンダント】
冗長化のこと。リダンダント電源というとパワーサプライの二重化のことを差します。

【ASIC(Application Specific Integrated Circuit)】
ASICというのは特定の用途のために設計・製造されるLSIのことを言います。ネットワーク機器関連でASICという用語を見たら、特定機能がLSI上に載っている機器なんだな、と思ってください。LSI処理なので当然速いです。「ASIC処理をする」なんて言い方をします。

【レイヤー2、3、4スイッチ】
正確な意味は他で調べてください。超簡単に説明します。レイヤー2,3,4スイッチは、それぞれ「スイッチングHUB」、「ルーティング機能のついたスイッチ」、「ロードバランス機能のついたスイッチ」と覚えておけば大きく外れてないです。違う言い方をするとそれぞれ「MACアドレスを見てスイッチングする機械」、「L2スイッチの機能に加えてIPアドレスを見てルーティングする機械」、「L3スイッチの機能に加えてポート番号まで見てロードバランスする機械」というとまあイメージが湧くでしょうか。ついでに言うとレイヤー7スイッチは「URLまで見てロードバランスする機械」と言えます。

【1000BASE-SXと1000BASE-LXの違い】
正確な意味は他で調べてください。SXは短い距離(最大550m)、LXは長い距離(最大5km)を伝送できます。通常iDC内で使うのはSXです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 26, 2005

カラープリンターのトナーを節約する究極の方法

うちの会社のカラープリンターは特定の色だけ減りが早いです。なんでかな~と思っていて最近理由に気づきました。それは会社のロゴカラーです。

パワーポイントのテンプレートはロゴに合わせて作るので、会社のロゴカラーが特定の色に偏るとパワーポイントの色も偏ります。その結果いつもカラープリンターの特定の色だけがすぐになくなってしまうことになります。

そんなわけでコストが厳しい会社は会社のロゴカラーを変えてみてはいかがでしょうか?!白抜きの黒ぶちというのが一番安上がりかな?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 20, 2005

壊れにくいサーバについて考える(メモリ編)

メモリって頑丈そうで結構壊れます。信頼のおけるメーカーのメモリを選ぶことはとても重要です。特にメモリ増設の際は要注意ですね。

サーバ用のメモリはECC(Error Checking and Cirrection)機能、すなわちエラー発生時の自動補正機能がついているのが普通ですからPC用のメモリと比べれば信頼性は高いです。

しかしいくらECC機能がついていたとしても、システム管理者がサーバのログチェックをしていなくてメモリ故障に気づかなかったとしたら宝の持ち腐れです。こまめにログチェックをしてメモリ故障時ECC機能が有効であるうちにメモリ交換をしてしまいましょう。

Solaris等エンタープライズ用途を想定したOSはやはりよくできています。ログを見るだけでそのボードに刺してある何番目のメモリにどのような異常があるか手にとるようにわかります。最近Solarisを触ってないので忘れかけてますが、たしか/var/adm/messagesを見たり、prtdiagコマンドをたたいたりするんでしたよね。あとどなたか覚えていたら教えてください。Solarisでは「psradm -f 2 3」とかやるとCPUをoff-lineに、「psradm -a 2 3」とやるとon-lineにできましたが、これって同様にメモリでもできるんでしょうか。できたらシステム管理的には便利なんですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

壊れにくいサーバについて考える(パワーサプライ編)

「パワーサプライはよく壊れるんですよね~」。そんなことを某サーバメーカーの営業さんに話したところ、日本製のパワーサプライは壊れにくいとのこと。壊れやすいというのは海外製の品質の悪いパーツを使っているからなんでしょう、とのことでした。

 

そういえば数年前パワーサプライがよく壊れると悪評高かった某究極ネットワークスイッチベンダー、さすがに懲りたのか現在は日本製の品質のよいパーツに変えて現在はあまり壊れなくなったとのこと。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 13, 2005

備品を管理しよう

データセンターを利用するようになると様々な備品を扱うようになります。サーバ台数が少ないときには備品管理というほどのことをしてなくても何とかなりますが、サーバが増えてくると備品管理が作業効率に大きな影響を与えるようになりますそこで今回は備品管理について記してみたいと思います。

 

【備品の種類】
機器付属品として、電源ケーブル、インストールCD、マニュアル、ラックマウントキット、ねじ各種ケーブルなどがあります。

予備パーツとしてHDD、SSD、メモリ、PSU、交換用CPUなんてものもあるかもしれません。
ネットワーク関連として、LANケーブル、光ケーブル、SPFなんてものもありますね。
それ以外、各種工具や文具、棚板、テプラなんてものもありそうです。
 

 

【何も考えないで作業するとデータセンターはどうなるか?】
何も考ないでデータセンターのラックに様々なメーカーの機器を取り付けていったとしましょう。多分作業が終わった頃には梱包材が散乱し、ケーブル類が散らばり、インストールCDやマニュアルはゴミかそうでないのかわからない状態でちらかり、余ったラックマウントキットやねじはもはやどのメーカーのサーバに付いていたものかわからない状態になっていると思います。サーバ取り付け作業で疲労した体ではもはやそれらを整理する気力すらなく、「いつかきちんと仕分けしよう」なんて思いつつ、取りあえず 

倉庫に備品となりそうなものを押し込んで撤収ということになると思います。しかしこの結末は皆さんのご想像の通り、「いつかきちんと仕分けしよう」としていたものは決して仕分けされることはないし、本来保存が必要であった備品が既にゴミと間違えて捨ててしまっているものも多数ある状態となっています。こうなると既に手遅れです。

【備品をどのように管理すべきか】
例えばこんな感じです。
・各種ケーブル・・・長さ別(1m,3m,5m等)に箱分けする。
・電源ケーブル・・・ダンボールに入れる。
・インストールCD・・・機種別にファイリングする。同じものが多数あったら廃棄。
・マニュアル・・・機種別にファイリングする。同じものが多数あったら廃棄。電子化して全て廃棄するのもあり。
・ラックマウントキット・・・サーバの種類別に束ねる。ラックマウントキット自体に油性ペンで機種名を書いておくのがお勧め。
・ねじ・・・種類別に束ねる。
・予備パーツ・・・種類別に整理し、在庫数をWEBなどで閲覧できるようにする。
・工具や文具・・・所定位置にまとめる。各々には持ち主の社名を明記する。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »