« IP電話の弱点 | Main | パーツを管理しよう »

January 10, 2005

久々に社内サーバルームをメンテしてみて

部署が変わり再び社内サーバルームも管理するようになったため、久々に社内サーバルームをメンテしてみましたが、問題続出です。そこで今回は(以前ご紹介した内容がたくさん含まれますが)どういうところで問題が発生するかを記してみたいと思います。

【auto-negotiationと100MFull問題】
サーバとネットワーク機器の設定を調べたらAuto-negotiationと100MFullが混在してぐちゃぐちゃな状態でCRCエラーがいたるところでみつかりました。このような状態の場合ネットワーク転送速度の低下が体感できるほど遅くなりますのでかならずきちんと設定しましょう。理想を言えば全てのサーバ&ネットワーク機器で100MFull固定にしたほうがよいのですが、社内サーバルームの場合はOS入れ替えが多いのでauto-negoにしてしまいました。(ただし以前書きましたが、auto-negotiationにするとExtreme社やAllied-telesis社のスイッチでよく100MHalfになってしまう等の誤認識が多くみられました。よってauto-negoにする場合は事後のチェックは必須です)

【電源容量問題】
1ラック42Uのサーバラックを使っていますが、1ラックあたりの電源容量は40Aしかありません。1サーバ2A程度使うとするとサーバ20台しか取り付けられない計算になります(実際はうちの環境では24台くらいまでは大丈夫でしたけれども)。この法則をすっかり忘れていてブレーカーdownをやってしまいました。本当に要注意です。

【スイッチのポート数問題】
なんとかサーバをラックに取り付けたとしてもスイッチのポート数が足りないことが後々判明して泣く泣くサーバを別のラックに移動させたことがあります。

【発熱問題】
サーバルーム内の空調を22度にしているんですが、ネットワーク機器にtelnetで接続してステータスを確認すると37度まで上昇していたなんてことも。空調だけではなく空気循環も重要ってことですね。このときは扇風機を購入して空気循環を発生させるようにしました。

【チリ・ほこり問題】
空気循環を発生させると今度はチリ・ほこり問題が気になりだしました。こんなときは迷わず空気清浄機がおすすめです。

今回記した内容は、言われてみればみんな当たり前のことなんですけど、なかなか難しいんですよねえ。

|

« IP電話の弱点 | Main | パーツを管理しよう »

データセンター」カテゴリの記事

Comments

始めて訪問させていただきました。
私と同じような仕事をされているようなので、しばしば立ち寄らせていただきます。
よろしくお願い致します。

Posted by: FUUTA | January 10, 2005 at 05:02 PM

昔はラックにパッチパネルを付けるのが流行って?ましたが、最近はどうでしょうか?。
フロントポートのスイッチが標準になってきましたし余り必要性が無いのですが、一部の設備屋さんは付けたがります。

Posted by: 谷警告 | January 12, 2005 at 11:48 AM

> 昔はラックにパッチパネルを付けるのが流行って?ましたが、最近はどうでしょうか?。

うちも設備屋さんからどうしてもとお願いされてパッチパネルを入れています。

僕もパッチパネルを使ったほうがよいと考えております。パッチパネルまでの配線は通常ほとんどいじらないのに対し、スイッチ直付けの場合は(うちの場合)頻繁にいじるので、障害発生時問題の切り分けが面倒になるからです。

Posted by: sanonosa | January 12, 2005 at 12:47 PM

はじめまして。先ほどたまたまたどり着きました。
私にとって大変ためになるブログです。
これからじっくり読ませていただきたいと思います。

さて、ひとつ質問をさせてください。
ラック・またはサーバルームの電源容量なのですが、
普段どのように見積もられていますでしょうか?
サーバの仕様にある必要アンペア数は通常最大時の容量で書かれているため、
それ通りに電源を用意しないとならないとなると莫大な設備費がかかってしまいます。
出入りの電源工事業者の方に聞いたところたいてい6掛け程度で見積もるというような話を伺ったのですが、正しいのでしょうか?
こういったノウハウってあまり情報がないのでよろしければぜひお話伺わせてください。よろしくお願いいたします。

Posted by: dchar | January 16, 2005 at 09:17 PM

dcharさん、コメントありがとうございます。CPUの種類、HDDの本数、もしくは電源の冗長化等々、必要アンペア数の変動要因が多くあるので当然一概には言えません。

42Uラックで40Aの電源容量があったとして、以前サーバ30台(P3-800MHz,HDD1本,冗長電源なし)くらいはいけた記憶があります。でも現在は安全を考えて1ラック25台くらいに抑えるようにしています。

一番確実なのは実際に計測することです。うちはそうしてます。

Posted by: sanonosa | January 16, 2005 at 11:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/2527013

Listed below are links to weblogs that reference 久々に社内サーバルームをメンテしてみて:

« IP電話の弱点 | Main | パーツを管理しよう »