« 信頼性の高いファイルサーバについて考える | Main | 購買の時間を少しでも短縮するために »

February 22, 2005

【日記】 悪夢の数日間を振り返る

この数日間は悪夢だった。

ファイルサーバクラッシュ。

バックアップは不完全。

重要なデータに限って、全部飛んだとの悲痛な報告が多数寄せられる。

・・・あまりのショックに声がでない。

どう見てもRAID5構成のクラッシュなのでデータ復旧なんてできるわけないとわかっていながら、わらにもすがる思いでユーザサポートに電話。

サポート電話に出ていただいた方からは、いろいろな操作を教えてくださいながらも多分復旧は無理という雰囲気が伝わって重い空気が流れる。

次の日。朝礼時社内向けにアナウンス。反応はない。前日皆十分ショックを受けているので改めて反応するまでもないとのことか。申し訳なさで胸が一杯になる。

夕方、サポートの方から一本の電話が入る。「製造元の人がリモートで見てくれるそうです」。おお、そんなことができるのか。ちょっと期待。が、多分だめだろうとも思う。とりあえず明日とのことなので明日まで待つ。

次の日の昼頃サポートの方からまた電話が入る。「製造元より連絡がきたのでメールの内容で対応してほしい」とのこと。どうやらグローバルIPを振ってFireWallを通るようにすれば対応してくれるらしい。ちょっと心が躍り、すぐさま対応。

その後すぐに再度電話がある。「製造元の準備ができたらしいのでいつ始めます?」。え、そんなに早いの?すぐにでも対応してもらいたかったのですぐ対応いただけるようにお願いした。

数時間後、また電話が入る。「対応が終わったらしいので見てもらえます?」。え、対応が終わった?うそ、だましてない? と思いつつ見てみると、

うおーーーーデータが見えるようになっている~~~~~。感動。(号泣)

サポートの方、大変親切親身にご対応いただいて本当に感謝しています。ファイルサーバは本当に重要なので皆さん大切に考えましょう。

|

« 信頼性の高いファイルサーバについて考える | Main | 購買の時間を少しでも短縮するために »

雑記・コラム」カテゴリの記事

Comments

そう、大事なんですけど、みんなその大事は口だけなんですよね。大きなトラブルを経験して始めて、日ごろ熱心に訴えていたことの幾ばくかを理解してくれる印象。

ウチの場合、昨年秋に大きなトラブルを経験して、やっとreplaceの目処が立ちました。約半年ですよ。担当者としてそういう判断が遅い経営陣は正直信じられませんが、コレが現実のようです。

Posted by: espio999 | February 23, 2005 at 01:12 AM

ファイルサーバってちゃんと作ると数千万円かかりますよね。そこまでの投資はうちには・・・。

Posted by: sanonosa | February 24, 2005 at 08:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/3038027

Listed below are links to weblogs that reference 【日記】 悪夢の数日間を振り返る:

« 信頼性の高いファイルサーバについて考える | Main | 購買の時間を少しでも短縮するために »