« bindのログを残す方法 | Main | ORACLEのanalyzeコマンド »

May 27, 2005

仕込み期と収穫期

ただひたすら猛烈にキャリアアップを目指している人も多いかと思います。しかし、そもそも何のためにキャリアアップを目指しているのか漠然としている人も多いのではないでしょうか。そこで今日はキャリアアップについて考えてみたいと思います。

【いつまでキャリアアップを行うか】
例えば収入を上げるためにキャリアアップを目指しているとします。ここで考えたいのは、いつまでキャリアアップを行うかということです。収入のために一生キャリアアップを目指すというのもなんだか自分の生活がお金に振り回されているようでつまらない考えです。


【自己実現とキャリアアップ】
キャリアアップは自己実現のために行うのである、という考え方があります。私はこの考え方に賛同しています。自分自身にやりたいことがあり、それを実現するために仕事も家庭もプライベートも充実させる。その中に仕事の質向上という延長でキャリアアップを目指すという考え方です。


【仕込み期と収穫期】
とはいいつつより多くの収入を得るためにキャリアアップを目指すというのはある程度は自然な考え方です。ここでは仕込み期と収穫期というパラダイムを持ち出してみたいと思います。ある程度の期間、キャリアを仕込んでおいて、収穫期に一気にかき入れるという考え方です。例えば20代は技術力をつけておいて30代でベンチャーデビュー、数年頑張って会社を上場させ大金持ち。もしくは技術→マネージメントを経験した後ヘッドハンターに引き抜かれ高収入等々。この仕込み期と収穫期という考え方を前提とすると若いときは収入の高さや職種のかっこよさよりも多くの仕込みができる仕事を選ぶべきです。もちろんいつ収穫期とするかある程度イメージしておくことも必要です。

|

« bindのログを残す方法 | Main | ORACLEのanalyzeコマンド »

組織・スキルアップ 【人気】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/4303630

Listed below are links to weblogs that reference 仕込み期と収穫期:

« bindのログを残す方法 | Main | ORACLEのanalyzeコマンド »