« 第2回技術者交流会の報告 | Main | 成功するということ その2 »

June 29, 2005

成功するということ その1

勝ち組・負け組という言葉がありますが、個人的にはとても違和感を感じます。人生の成功を考える上で勝ち組・負け組という言葉だけに惑わされるととても不幸なことではないかと個人的に思います。そこで今回はそういった言葉に惑わされずに人生の成功を収めるためには、というテーマで行きたいと思います。

【なぜ勝ち組・負け組という言葉に違和感を感じるか】
勝ち組と負け組には明確な定義があり、それに沿って厳密に適用されると人間はその定義によって勝ち組と負け組ではっきり分けられてしまうことになります。そもそも勝ち組と負け組はどういった基準で定義された言葉なんでしょうか。おそらくお金だったり社会的なステータスだったりといった、周りと比較しやすい要素が取り込まれたかなり差別的な基準で定義されたものなのではないでしょうか。

【人生の成功とはなにか?】
ところで人生の成功とは何でしょうか。少なくともお金や社会的なステータスだけではないと思います。人間関係、仕事、遊び等々、日常生活を取り巻く様々な事象も人生の成功要素として組み込まれてもよいはずです。個人的な意見では人生の成功とは、日常生活が健全に営まれていることが大前提で、それに加えて一生涯安定して暮らせる確信があることと、それなりの自己実現ができている状態であると考えています。この定義で考えると大金持ちだが日々ハードワークすぎたり、社会的なステータスが高いが人々から尊敬されていない状態であったりすると全く人生の成功とは思えません。たとえ世間的には負け組と思われていても毎日が幸せな生活をおくれているのであればむしろ人生の成功と言えるのではないかと思います。

【人生の成功のために何をすべきか】
そう考えると人生の成功のために何をすべきかは明確です。まずは健康と人間関係を健全に保つことでしょう。次に仕事を誠実に一生懸命行うことでしょう。そして趣味や遊びを充実することですね。ここまでは当たり前と言ってしまえばその通りなのですね。それに加えて私は野心を持つということを追加したいと思います。野心というとちょっと言葉が悪いですね。要するに、何かしらの到達目標が定義できる何かを持ち、それに向けて頑張るということですね。技術力の向上でもいいですし、ボーリングスコア250でもいいです。これがあるだけで人生にハリがでます。

まとめ: まずは普通の生活をおくる(これが結構難しいのは言うまでもない)。それに加えて何かしらの到達目標を持ち努力する習慣を身につけると人生の成功が訪れる。

|

« 第2回技術者交流会の報告 | Main | 成功するということ その2 »

組織・スキルアップ 【人気】」カテゴリの記事

Comments

勝ち組、負け組って言葉は、私もイマイチしっくりこなくて。
そこに違和感を感じる大きな理由の一つとしては、
それが相対的な概念に基づいているからだと思う。
そういうラットレースには巻き込まれたくないなぁ。

本当の成功って、もっと絶対的なもの。
そして、極端な話、負け組を存在させない、
Win-Winな関係の上に成り立つものなんじゃないのかな。
成功者と呼ばれる人たちって、Win-Winの関係を
作るのが本当に上手だからこそ、その成功を維持できるし、
さらに発展させることもできるんだよね。

な〜んて、私の場合、まだまだ、勉強の毎日です(^^)

Posted by: Aya | June 30, 2005 at 08:38 PM

他人に影響を及ぼす、及ぼさないというのは成功とは本質的に関係ない気がするなあ。

周りから成功者と呼ばれる要素の一つではあるかもしれないけれども、自分自身が成功と思えるかどうかはまた別次元のところにある気もするね。

僕はベルギービールを飲んでいられるだけでとっても幸せだけれどね。

Posted by: sanonosa | July 01, 2005 at 11:19 AM

人に影響を与えることが成功の絶対条件だなんて思ってないよ〜。
ただ、ロバート・キヨサキ氏、本田健氏、斉藤一人氏などの本を筆頭に、
いわゆる成功者の本を読むとよく出て来る話だし、
良質なキャッシュフローゲーム会等では、Win-Winの関係を作ることは
練習として、会の中で実践することだから、書いてみただけよ。
それは、人にどう思われるかのためじゃないし、義務でもない。
単にみんなで自己実現しやすい環境をつくろうねっていう
ペイフォワード的、「渡り鳥経営」的な発想のひとつです。

でも、人がどうこうじゃなくて、自分へのごまかしなく
究極の自己満足できる人生を送ることが第一歩だから、
いいんじゃないかな〜? 人それぞれで。とも思うけれどね(^^)

ま、細かいことは抜きに、わくわくでいっぱいな人生を送れるといいよね。

Posted by: Aya | July 03, 2005 at 05:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/4764972

Listed below are links to weblogs that reference 成功するということ その1:

« 第2回技術者交流会の報告 | Main | 成功するということ その2 »