« 中古サーバ機は実用に耐えうるか | Main | 中古ストレージ機器は実用に耐えうるか »

July 05, 2005

中古ネットワーク機器は実用に耐えうるか

引き続いて中古ネットワーク機器編です。

【中古L2スイッチは買ってもよい?】
私の経験では中古L2スイッチであってもはあまり故障しません(ただし昔のSummitは例外。電源ユニットが良く壊れる)。ただ中古スイッチは時代的に100Mbps以下のものが多いです。最近普及しだしてきている新品ギガビットスイッチがかなり安くなってきていますから、あえて中古でL2スイッチを買う理由はなさそうです。

【中古L3スイッチは買ってもよい?】
私の経験では中古L3スイッチはハードウェア的な故障で使えなくなった経験は少ないのですが、ファームウェア的な問題で使わなくなった経験はたびたびあります。信頼性のおけないファームウェアのバージョンだったのでバージョンアップしようとしても正規に購入したわけではないのでバージョンアップできず、本番系に投入できなかったというものです。まあ使えるお金の限られるベンチャー立ち上げ初期時に簡単なルーティング程度で使うのであればあまり問題にならないかもしれません。

【中古L4スイッチは買ってもよい?】
L4スイッチといってもここではロードバランサーとしておきましょうか。単純なラウンドロビン程度を行うのであれば中古で十分かもしれません。中古であってもそんなに壊れません。ただしL4スイッチはファームウェアにバグが多いです。正規で購入しないと最新ファームウェアを入手できませんので複雑な使い方、例えば二重化だったりDSR等をするのは全くお勧めしません。

【まとめ】
ネットワーク機器は中古サーバ機と比べたら故障率は低いと思います。しかし最新ファームウェアが入手できない点ちょっと怖いところもあります。そのあたりの割りきりができるのであれば中古というのもよい選択かもしれません。

|

« 中古サーバ機は実用に耐えうるか | Main | 中古ストレージ機器は実用に耐えうるか »

ソリューション・購買」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/4834280

Listed below are links to weblogs that reference 中古ネットワーク機器は実用に耐えうるか:

« 中古サーバ機は実用に耐えうるか | Main | 中古ストレージ機器は実用に耐えうるか »