« July 2005 | Main | September 2005 »

August 31, 2005

権限がないと動けない

往往にして上司は「部下が思ったように働かない」と、部下は「上司の考えていることがよくわからない」と思っているわけですが、本当に重要なことは組織の中で人は権限がないと動けないということです。部下が思ったように動かないと感じる上司の方は部下への権限委譲が適切か、上司の思っていることがよくわからないと感じる部下の方は自分の権限の範囲はどこまでなのかを確認することをお勧めします。

一番良くないパターンは上司は「部下がそれを確認しに来ないのが悪い」、部下は「上司がちゃんと言ってくれないのが悪い」と他人のせいにすることです。こういうことは気づいた人が確認すればいいんです。不満に思う前にまずはコミュニケーションを取りましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2005

ペンディング(保留)が嫌い

意思決定や議論の場で「ペンディング(保留)」という結論になることが多いが、私は安易にペンディングという結論に持ち込まれることを極度に嫌っている。そこで今回はペンディングについて考えてみたい。

【ペンディングが起こる原因を考える】
何故ペンディングという結論になるのか考えてみよう。私が思うに、意思決定者的な立場で考えると「重要案件が多い中でこの程度の案件を検討するために時間を割きたくない。よって意思決定を先延ばしにしてあとで考えよう」となる。もしくは議題発案者の前準備が足りないために意思決定者が即座に意思決定できないということもあるかもしれない。


【何故安易なペンディングが良くないか】
現場の人間にしてみれば決裁者の意思決定がないと動けないわけで、理由が曖昧なままペンディングにされてしまうとどうしてよいかわからないだけでなく、業務に対するモチベーションも下がってしまう。

意思決定者にしてみればペンディングを増発することは意思決定の宿題を増やす結果になるわけで、ただでさえ忙しいのをますます忙しくする結果となる。


【結論】
意思決定者は即決を常に心がけるべきである。YESかNOか意見をまずは明確にする。そしてNOであればその原因は何か明確に指摘し、ペンディングにするのであれば意思決定に足りない条件が何で再議論をいつ行うかまで明確に示すことがとても重要。意思決定が遅いのは即決の習慣がないことがほとんどだと思う。即決をするためには練習と自分自身の意識改革が必要だと思う。

また、議題発案者は即決してもらうための前準備を徹底的に行う必要がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2005

交流会は今日です!

交流会は今日です!
応募者の皆さん、お忘れなく~。

開催日 : 8月26日 (金)
集合時間:20:00
集合場所:UFJ銀行 渋谷・プラス渋谷出張所前


店名: 手作り居酒屋 甘太郎 渋谷道玄坂店
場所: 東京都渋谷区道玄坂2-6-16 I'M ON IMON DOUGENZAKA ビル6F
電話: 03-5459-2902
会費: 4,000円

会費は、会の始めに徴収させていただきますのでよろしくお願いいたします。
連絡が必要な方は、下記までお願いいたします。

メール: 05aug@sanonosa.net

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 24, 2005

人は過去に身につけたツールをずっと使い続けるの法則

大学院時代の恩師がおしゃっていた言葉でものすごく印象に残っている言葉があります。それは「人は過去に身につけたツールがあると、ずっとそれを使い続ける傾向にある」というものです。僕が所属していたのは3D CADの研究室で、あるとき何故デザイナーは2D CADから3D CADに移行しようとしないのかという話しになったときに出た恩師のお言葉です。

考えてみると結構その通りですよね。時代がWindowsになってもUNIXやMACにこだわり続ける人、X Windowのウィンドウマネージャで未だにtwmやfvwmを使い続ける人、Claris worksでないと作図できない人等々結構いるんじゃないでしょうか。また開発言語に関しても統合開発環境(VisualStudioやEclipseやオブジェクト指向等の進化に適用しようとせず未だにC言語等で1からがりがりコーディングするスタイルを続ける人も多いと思います。


ツールの進化に適用していくことは生産性向上や自分自身のキャリアアップに役立つことが多いので、アンテナを広く持って時代の変化に適用していきたいものです。(ただし当然振り回されないことも重要)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 23, 2005

効率的なSQL文かどうかの調査方法

ORACLE限定ですが、効率的なSQL文かどうかの調査方法をご紹介します。

SQLPlusにて

1. set autotrace on
2. set timing on

上記のコマンドをたたいてからSQLを実行すると、そのSQLの実行計画やインデックスの乗り具合が確認できます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2005

第3回技術者交流会のお知らせ(時間変更)

※恐れ入りますが、開催時間と応募締め切り日を変更させてください。

第3回技術者交流会を行います。今回も飲み会形式で開催しようと思っています。
参加希望者はメールでエントリーをお願い致します。

                          記

■日時:8/26(金) 20:00~
■場所:東京渋谷
■参加費:4500円くらい?

■必要事項
・名前:
・よみがな:
・所属会社名:
・メールアドレス:
・携帯電話番号: (無い人は空欄)
・参加理由(交流会に何を期待するか):

受付メールアドレス:05aug@sanonosa.net

応募締め切りは8/25 (木) 16時とします。大人数になると調整が難しいので、早めのエントリーをお願いします

たくさんの方の参加をお待ちしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2005

会社支給携帯電話

システム管理をしている人で、緊急連絡や障害通知受けのために会社から携帯電話を支給されている人も多いと思います。これってどう思いますか?たとえばこんな選択肢があったとします。

 ①自分の携帯電話を使わなくて済むので素直に嬉しい
 ②嫌だけどシステム管理者なので仕方がない。
 ③自分の携帯電話があるので支給の必要なし。いつも携帯を2個持ち歩くのも面倒
 ④会社に管理されているみたいで絶対に嫌

個人的には③かなぁ。皆さんはいかがです?(コメントいただけたら楽しいです)


ただ今思ったんですが、自分にとって愛着のあるシステムの緊急連絡や障害通知受けだったら積極的に関わってもいいと思いますが、愛着もなければ関わりもないシステムの緊急連絡や障害通知受けだったとしたら苦痛でしかないですね。こういった点で考えれば私は幸せなのかもしれません。TT

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 19, 2005

第3回技術者交流会開催のお知らせ (再掲示)

※まもなく締め切りとなります。お早めにお願い致します。

第3回技術者交流会を行います。今回も飲み会形式で開催しようと思っています。
参加希望者はメールでエントリーをお願い致します。

                          記

■日時:8/26(金) 19:30~ (の予定)
■場所:渋谷
■参加費:4500円くらい?

■必要事項
・名前:
・よみがな:
・所属会社名:
・メールアドレス:
・携帯電話番号: (無い人は空欄)
・参加理由(交流会に何を期待するか):

受付メールアドレス:05aug@sanonosa.net

店を予約する関係上、8/20 (土) 24時に一旦エントリーを締め切ります。その後追加受付も行う予定ですが、大人数になると調整が難しいので、早めのエントリーをお願いします

たくさんの方の参加をお待ちしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2005

第3回技術者交流会応募締め切り迫る

8/20 (土) 24時までですのでお早めに~。

こちらをよく読んでエントリーをお願い致します。(゜゜)(。 。 )ペコッ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

完璧主義の人は人間関係が完璧でないの法則

完璧主義の人は完璧な仕事をします。しかし概して完璧主義の人は人間関係が完璧でないことが多いです。今回はそのあたりを考えてみたいと思います。

【完璧主義者の性質】
完璧主義の人は完璧な仕事をします。システム開発なんかでは基本機能はもちろんのこと例外処理の実装やドキュメントも完璧です。細かいところまで気になって気になって仕方がないタイプと言えるでしょう。

【完璧主義者の欠点】
言うまでもないですが、完璧主義者は些細なことまで気が付きます。この性質は自分だけで完結する仕事であれば問題ないのですが、他者がからむ案件、例えば仕事を頼まれるだとか部下の仕事を評価するとかいったときに問題が発生します。仕事を頼まれる場合は完璧な頼まれ方を要求し、部下の仕事を評価するときは納得するレベルが異常に高いといった感じです。

【理想的な姿】
何事もほどほどが一番です。先日パレートの法則をご紹介しましたが、全仕事のうち本質的なことはせいぜい20%程度なので、他人の仕事がそのレベルをクリアしていればよしとすることが良いと思います。あまり些細なことまで他人の仕事に口を出すと人間関係が壊れていきます。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

August 15, 2005

資産管理と業務プロセスについて

会社規模が小さいときにはあまり重要視されないのですが、会社規模が大きくなってくると途端に負担になってくるもの、それは「資産管理」と「業務プロセス」です。今回はそれぞれについて述べてみたいと思います。

【資産管理】
例えばPCが10台とか机が5個とかそういうレベルであれば特に資産管理しなくてもなんとかなってしまいます。しかしサーバ100台、机200個、PC300台とかそういう規模になってくるときちんと資産管理していないと棚卸しが地獄になります。また修理や廃棄したときに資産をどう考えるかというところまで考え始めるとなかなか大変です。

以前資産管理のためにツールを導入する方向でいろいろ調べたんですがどうも適切なツールがみつからないんですよねえ。それで結局Excelで管理していたりするのですが、念のため他社の知り合いに聞いてもどこも同じような状況みたいです。どなたか資産管理に適したツールをご存知でしたら是非教えてください。

というわけで適当なツールを導入できないとしたら、手で回していくしかないので規模が小さいときからしっかりと資産管理しておくことをお勧めします。


【業務プロセス】
業務プロセス、すなわち他部署から依頼が来るときどのように処理するかだったり、ルティーンワークをどのように回すかだったりといったことは、会社規模が小さければなんとなく回っていきます。しかし規模が大きくなるとどうしても漏れが出たり処理に遅れが出たりします。

このようなことに対応するために一般的にERPやワークフローを導入します。ただし例えツールを導入するにしても業務プロセスに関しては会社毎にばらばらなことがほとんどですから、普段からシンプルな業務プロセスにしておくことを心がけておくことがとても重要になります。


【まとめ】
資産管理にしても業務プロセスにしても、会社規模が小さいときからきれいにしておくことを強くおすすめします。これをしておかないと規模が大きくなったときに地獄が訪れます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 14, 2005

インターネットビジネスとゴールドラッシュ

今のインターネットビジネスってなんだかゴールドラッシュみたいに見えてしまうのは僕だけでしょうか。インターネットビジネスブーム終焉の先には一体何が残るんでしょうか。インターネットビジネスは確かに儲かります。製造業での最終利益率が数%なのに対してインターネットビジネスでの最終利益率が50%を超えることも珍しくありません。このような業界に身を置けば、付いていく人さえ正しければ億万長者になるのは夢ではありません。

しかしよく観察してみると、インターネットビジネスを儲けの手段として見ている人は多くても、社会参加だとか社会貢献といった社会に目を向けたプレイヤーはどの程度いるのか。またそういった人達が仮に億万長者になってしまったとしたらどうなるのか。社会的に何の価値もない単なる成金軍団が生まれるだけではないか。

個人的に「儲ける」ということは全く否定しません。重要なことは「お金は稼ぐよりも使うほうが難しい」ということと「お金を持つということは力を持つということ」という原則を理解しているかどうかです。せっかく儲けたんだったらそのお金を半分でもいいので社会のためにうまく使って欲しいと思います。社会貢献を前提としたお金儲けであるならば歓迎すべきことだと思いますが、お金を稼ぐことだけが目的なのだとしたら自分にとっても社会にとっても不幸なことだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2005

読書の方法

「その人の本棚を見るとその人がわかる」と言われますが、僕もその通りだと思います。その人が何に興味があるのか本棚を見れば一目瞭然です。さて、普通の人の本棚は大抵特定分野に偏ります。開発系技術書ばかりだったり、歴史書ばかりだったり、萌え系漫画ばかりだったりという感じです。それはそれでよいのですが、もっと人としての幅を広げる読書方法があるのでご紹介です。(ご紹介というか、当たり前な話しなんですけどね)

【基本は乱読】
一番重要なキーワードは乱読です。すなわちいろいろなジャンルを読むという読書方法です。僕はこの読書方法を大学生のときに教えてもらったのですが、この方法を実践するとアンテナが広くなります。アンテナが広くなると興味や話題が広がります。興味や話題が広くなるといろいろな人と付き合えるようになります。すばらしい。

【正反対の主張を読む】
次に重要なキーワードは「正反対の主張を読む」です。例えば増税反対というのは簡単ですが、じゃあ何故増税をしようとしている人がいるのか。双方の主張を読み比べてみると、それぞれもっともな部分が多く見られると思います。それを踏まえて自分がどちらの派につくかを決めるというのが賢い方法だと思います。人はとかく周りの意見や自分にとって一見都合のよい意見に同調しがちですが、双方の意見を聞かないと本質が見えてこないものです。

【まとめ】
自分にとって興味がなかった分野に興味を持つ、というのが重要だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2005

「嫌い」と「やりにくい」

「上司のことが嫌い!」と思っている人は多いと思います。「嫌い」について踏み込んで考えてみると2つあると思います。1つはコミュニケーション不足。もう一つは相手が本当の悪人である。後者の場合であれば救いようがないですが、前者であれば対処方法があります。よく聞く話しとして世の中本当の悪人は人口の5%以下であるということを考えるとほとんどの「嫌い」に対しては対処方法があることになります。

さて、コミュニケーション不足であるとどうなるか。何を考えているかわからないか、もしくは自分のことを相手がどう思っているかわからないという状態になると思います。こんなときはどうするか。まず話してみるということが重要だと思います。話してみると、自分が深刻に悩んでいることが相手にしてみれば別にどうってことないことであったということは本当によくある話しです。

ただこういうことを書くと「部下のモチベーション管理は上司の仕事だ」と人の責任にしたがる人がよくいます。ここで大切なのは自分が動かないと何も変わらないということと相手を責めると敵を増やすという大原則です。変な意識を持つことが自身の人間関係の幅を狭めていると思うべきです。

実際に話しをしてみると「嫌い」だと思っていたのが単に自分とやり方や考え方が違うだけで「やりにくい」だけだということが多いと思います。「やりにくい」だけであったら相手にやりかたを変えてもらうか、もしくは「そんなものなんだ」ということで相手のやり方に理解を示すということで大分ストレスが解消されると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2005

セキュリティ対策にかける費用

セキュリティ対策にかける費用は利益を生まない費用と呼ばれています。では企業としてどの程度の費用をかけたほうがよいのでしょうか。

これ、正解はないですが、今日本社の人との議論の中で、収益の3%くらいという目安の数字が出ました。皆さんはどう思われますか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 03, 2005

第3回技術者交流会開催のお知らせ

第3回技術者交流会を行います。今回も飲み会形式で開催しようと思っています。
参加希望者はメールでエントリーをお願い致します。

                          記

■日時:8/26(金) 19:30~ (の予定)
■場所:渋谷
■参加費:4500円くらい?

■必要事項
・名前:
・よみがな:
・所属会社名:
・メールアドレス:
・携帯電話番号: (無い人は空欄)
・参加理由(交流会に何を期待するか):

受付メールアドレス:05aug@sanonosa.net

店を予約する関係上、8/20 (土) 24時に一旦エントリーを締め切ります。その後追加受付も行う予定ですが、大人数になると調整が難しいので、早めのエントリーをお願いします

たくさんの方の参加をお待ちしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »