« ペンディング(保留)が嫌い | Main | 権限委譲と丸投げを区別すべし »

August 31, 2005

権限がないと動けない

往往にして上司は「部下が思ったように働かない」と、部下は「上司の考えていることがよくわからない」と思っているわけですが、本当に重要なことは組織の中で人は権限がないと動けないということです。部下が思ったように動かないと感じる上司の方は部下への権限委譲が適切か、上司の思っていることがよくわからないと感じる部下の方は自分の権限の範囲はどこまでなのかを確認することをお勧めします。

一番良くないパターンは上司は「部下がそれを確認しに来ないのが悪い」、部下は「上司がちゃんと言ってくれないのが悪い」と他人のせいにすることです。こういうことは気づいた人が確認すればいいんです。不満に思う前にまずはコミュニケーションを取りましょう。

|

« ペンディング(保留)が嫌い | Main | 権限委譲と丸投げを区別すべし »

組織・スキルアップ 【人気】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/5721431

Listed below are links to weblogs that reference 権限がないと動けない:

« ペンディング(保留)が嫌い | Main | 権限委譲と丸投げを区別すべし »