« Win系サーバのリモートからのリブートやシャットダウン | Main | ソフトウェアライセンスを安く買う方法 »

September 21, 2005

DBの時刻合わせに気をつけよう

サーバ設定に慣れた人であれば、ついついDBサーバにもNTP等を使った自動時刻をしてしまいたくなるものです。しかしDBの中には下手に時刻合わせをしてしまうとダウンしてしまうものもあるので気をつけましょう。

【時刻合わせとDBダウンの関係性】
時刻合わせと言っても、現在時刻より先に進めるパターンと過去の時刻に戻すパターンがあります。ほとんどのDBでは前者のパターンでは問題がありません。しかし気をつけなければならないのは後者のパターンです。時刻が過去に戻るとDBによってはシステム不整合と検知されダウンしてしまうものがあります(ORACLEなど)。

【DBの時刻の合わせ方】
一番安全なのは時刻合わせをする場合はメンテ日に全システムを止めた上で時刻を合わせることです。

【裏技】
しかし、そうは言ってもとめられないシステムというものもあると思います。そういった場合はこういう裏技があります。それは時刻を止めるかもしくは時刻の進行をゆっくりにしてしまうことです。ただ通常OSやDBにそういう機能はないので、何かしらのアプリケーションを探すか自作する必要があります。

※追記(2005.9.22):ntpdにはslewモードというのがありそれを使うと良いとのこと。石坂さん、上美谷さん、教えてくださってありがとうございました。

※追記(2005.9.22):WindowsTimeサービスも時刻のずれが一定時間内であれば slew モードのように動作するそうです。上美谷さん、教えてくださってありがとうございました。

|

« Win系サーバのリモートからのリブートやシャットダウン | Main | ソフトウェアライセンスを安く買う方法 »

データベース」カテゴリの記事

Comments

ntpdを使うのであれば、一度しっかり合わせるにしても、その後はslewモードをONにしておけばいいのでは。

Posted by: 石坂 | September 21, 2005 at 08:24 PM

slewモードというものがあるんですね。φ(.. )メモメモ

Windows2003の場合でも似たようなことができる機能ってないですかね。

Posted by: sanonosa | September 22, 2005 at 09:57 AM

WindowsTimeサービスは、
時刻のずれが一定時間内であれば slew モードのように動作するそうです。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/winntp01/winntp01_04.html

ActiveDirectory環境では自動的に
ドメインコントローラに時刻を合わせるよう設定されるので
SQLServerをインストールするマシンの
時刻あわせに気を使った記憶がありません。

Posted by: 上美谷 | September 22, 2005 at 01:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/6049776

Listed below are links to weblogs that reference DBの時刻合わせに気をつけよう:

« Win系サーバのリモートからのリブートやシャットダウン | Main | ソフトウェアライセンスを安く買う方法 »