« 忙しい人 | Main | サーバ管理台帳の作り方 »

January 11, 2006

海外ソリューションのローカライズで微妙なbug

現在海外ソリューションをローカライズして日本仕様にするプロジェクトのプロマネをしてますが(最近ではシステム管理から離れてばりばりSIやってます)が、現時法人では正常に動くのに日本では動かないというバグがあり、何故かな~と調べてみると、とても微妙なことが問題でした。

例えばjavascriptでこんなコードがあったとします。

if ( date1 <= "05-12-31" ){
  alert("昨年は設定できません。");
  return false;
}

これがどうしても動かないんです。date2に何が入っているかを調べたら、日本語OSの場合は日付が"06/01/11"、韓国語OSの場合は日付が"06-01-11"となっていました。国によってスラッシュかハイフンか違うんですね~。

個人的にこれからは日本のIT企業はもっと海外に出て積極的に外貨を稼がねばならないと思っているのですが、こういう微妙なところからつまづいている限り、国際進出はなかなか時間がかかりそうです。な~んて。

|

« 忙しい人 | Main | サーバ管理台帳の作り方 »

開発」カテゴリの記事

Comments

例えばの話なので、実際の現場では別の言語をご利用かもしれませんが、JavaScriptの例に関して言うと、日付の比較は文字列による比較ではなく、DateオブジェクトのvalueOfから得られる値で比較しなければならないのではないでしょうか?

Posted by: ガンマン | January 11, 2006 at 10:03 PM

コメントありがとうございます。

ローカライズなので、元のソースコードを極力流用することが基本であり、なかなか理想通りに行かないところがあります。

気になるところはそれ以外にも山盛りなんですが、超短期開発なためどうしてもやっつけ仕事になってしまっています。

Posted by: sanonosa | January 11, 2006 at 11:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/8114310

Listed below are links to weblogs that reference 海外ソリューションのローカライズで微妙なbug:

« 忙しい人 | Main | サーバ管理台帳の作り方 »