« 優先順位をつけよう | Main | 忙しい人 »

January 03, 2006

【提案】購買における指定価格入札制度導入の提案

以前購買を担当していて常々思っていたのが「価格交渉が面倒くさい」ということです。メーカーにとっても価格交渉は時間がかければかけるほど値切られていくだけだし人件費も浪費していきます。この双方にとって面倒くさいプロセスをなんとかできないかと常々思っていましたが、よい方法を思いついたので記してみたいと思います。

【指定価格入札制度とは何か?】
例えばPCをまとめて50台買うとしましょう。これまでは「こういうスペックのPCを50台買いたいんですけどいくらで売りますか?」という方法だったと思います。それに対して今回提案する指定価格入札制度では「こういうスペックのPCを50台、○○○万円で買いたいんですけどできますか?」とメーカーに問い合わせます。前者はいろいろな駆け引きが伴い面倒くさいのに対して後者は基本的にYesかNoの2択なのでメーカーはすぐに答えられます。もしどのメーカーもNoであるならば価格を上げて再問い合わせを行う。もし複数メーカーがYesであるならば価格を下げて再問い合わせを行うか、各メーカーのサービスや品質部分での比較を行う、とこういう方法です。


【前提条件】
前提条件としては買い手のほうが力関係が上の場合にしかこの方法が使えないことです。例えばそのメーカーにしか存在しない商品だとしたら基本的に選択肢はないので売り手のほうが力関係が上になります。

|

« 優先順位をつけよう | Main | 忙しい人 »

ソリューション・購買」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【提案】購買における指定価格入札制度導入の提案:

« 優先順位をつけよう | Main | 忙しい人 »