« 開発元に電話で問い合わせられない人達 | Main | シェアウェアについて思うこと »

January 31, 2006

ライブラリを使いこなしましょう

最近の開発環境は昔と比べてとても豊かになりました。よく使う機能の多くがライブラリ化され、よくあるパターンの実装であれば短期で簡単に行えるようになり時代の進歩を感じます。ところが世の中にはせっかくそのような資産を活用しようとせず、全て1からプログラミングしたがる人もまだまだ多いようです。そこで今回はライブラリを使いこなすことを強く推奨してみたいと思います。

【ライブラリの便利な点】
・しばらくプログラミングから遠ざかっていて最近またプログラミングを始めて驚いたんですが、実装しようと思っていた機能のほとんどがライブラリ化されていて、極端な話し、関数を1つ呼び出すだけで実装が完了してしまうなんてことも不思議ではないくらいです。(メリット1:実装量を減らせる)

・また実装量が減ったことにより開発工数が激減します。(メリット2:開発工数を短縮できる)

・当然実装量が減るとバグ発生量も激減します。(メリット3:バグ発生量が減る)


【ライブラリを使わない人の心理】
そのようなメリットがあるにも関わらず世の中にはライブラリを使いたがらない人もまだまだ多いようです。その人たちの心理はおおよそ次のようなものだと思います。

1. 他人が書いたコードは怖くて使えない。(職人的思考)

2. 正直なところ、テクノロジーの進化についていけない。(時代に取り残されている)


【考察】
正直なところ僕自身も最近時代に取り残されている感じを持っています。例えばperlなんですが、僕がperlを始めた頃はCPANなんて便利なものは多分なかったです。なので未だに「何か開発するときは最初にCPANを探す」という習慣がついてません。が、今後も開発を続けるのであればちょっと遠回りでもライブラリの利用を押さえる習慣をつけていくと実装力は間違いなく向上すると思います。(が、反面職人的なプログラミングテクニックは失われていくんだろうなあ)

|

« 開発元に電話で問い合わせられない人達 | Main | シェアウェアについて思うこと »

開発」カテゴリの記事

Comments

その昔、「コンポーネント化」がキーワードになった頃(デルファイが出た頃だったか)、non-programing という夢&チープな実装があったけれど、最近のIDEとかを見ると似たようなことが実現できますよね。MDAではないにせよ、クラス図からクラスのコードを生成したりとか。
そのあたりのライブラリ&ツールの使い方は、やっぱり、その取っ掛かりを知っているか知っていないかとい違いも大きいのかな、と。

Posted by: t.masuda | March 24, 2006 at 11:37 AM

ですねえ。

最も重要なことは、使いこなそうとしている人がきちんとした基礎を持っていて、かつある程度の経験があることなんでしょうね。

Posted by: sanonosa | March 24, 2006 at 12:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/8431550

Listed below are links to weblogs that reference ライブラリを使いこなしましょう:

« 開発元に電話で問い合わせられない人達 | Main | シェアウェアについて思うこと »