« シェアウェアについて思うこと | Main | @ITに連載を持つことになりました »

February 09, 2006

メール系サービスに異常が起きたらまずはDNSまわりを疑え

長い間システム管理をやっていると勘みたいなものがついてきます。今回はそんな勘の中でもメール系サービスのことを書いてみたいと思います。

【メール系サービスのトラブルと言えば】
安定稼動していたメール系サービスで異常が起きた場合、経験上DNSまわりのトラブルであることが非常に多かったです。80%以上?

DNSまわりのトラブルにもいろいろあります。例えば以下のような感じです。

 1.DNSサーバが落ちていた
 2.管理下のDNSサーバは生きていたが、上位DNSが落ちていた。
 3.F/Wルールの変更でDNSへのアクセスができなくなった。
4.MXレコード書き間違い。


【安定稼動していたメール系サービスのDNS以外のトラブル原因】
ついでに安定稼動していたメール系サービスのトラブルで、DNS以外の原因でよくあるものを書いてみます。

・HDD満杯
・やっぱりファイアウォール設定変更ミス
・スパム大量受信によるレスポンス低下

|

« シェアウェアについて思うこと | Main | @ITに連載を持つことになりました »

サーバ・OS」カテゴリの記事

Comments

メール関連の障害原因。確かにDNSが理由の事が多いと思います。
今だにDNSでMXサーバをCNAMEを使って定義し直して、障害起こすオペレータさんも居ます(凹)

最近、私の周りでDNSに並んで多いのはSPAMメール関連。
ウイルスチェックアプライアンスを入れたらSPAMメールが大量に来た時に、
アプライアンスサーバがボトルネックになって重たくなったり、
対携帯電話配信でSPAMメール判定されたメールの戻りで重たくなったり...etc
中にはqmailサーバにSPAMメール送信を試みるコネクションが大量になって
tcpserverの最大同時接続数の設定に引っかかりレスポンスが低下するサーバもありました。

Posted by: まうえん | February 10, 2006 at 10:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/8582029

Listed below are links to weblogs that reference メール系サービスに異常が起きたらまずはDNSまわりを疑え:

« シェアウェアについて思うこと | Main | @ITに連載を持つことになりました »