« @ITに連載を持つことになりました | Main | Windows2003 R2の仮想化環境を使いこなすためのコツ »

February 21, 2006

ハードディスクの中身をそのまま移行する方法

先日久しぶりにノートPCのHDD入れ換えを行いました。普段であればOSから再インストールしてすっきりさせるところなのですが、今回は業務上必要な設定が満載のノートPCだったのでHDDの中身を丸ごと入れ換える方法を取りました。というわけで今回はハードディスクのイメージをそのまま移行する方法を述べてみたいと思います。

【市販ソフトを使う場合】
作業に入る前にいろいろ調べてみたんですが、こういう場合はNorton Ghostを使うのが定番らしいですね。それ以外にもいろいろな市販ソフトがありそうです。市販ソフトの安心感はなかなか捨てがたいものがあり、よい選択です。


【フリーソフトを使う場合】
が、今回は急いでいたのでフリーソフトを使いました。いろいろ調べたのですが、DrvImagerXPというソフトがなかなか良さそうで、今回はそれを使いました。詳細な使い方は他サイトに譲るとしてここでは割愛させていただきます。

感想としては、パーティション内のデータをそのまま1つもしくは複数のファイルにしそれを別のHDD上で展開するというシンプルさで特に問題もなく簡単にHDD移行ができました。新旧のHDDのパーティションサイズが異なっていても問題なく展開できるのはなかなか便利です。

気づいた点としては、まず展開後CHKDSKをかけないとパーティションが正しく認識されなかったことです。この件マニュアルにしっかり書いてあるのですが英語なので読むのに時間がかかってしまいました。次にイメージの圧縮機能は一度イメージを作ってからgzipをかけるという仕様であまり意味を感じませんでした。すなわち例えば20GBのパーティションをイメージ化しようとしたら少なくとも20GB以上のHDDの空き容量がないといけません(ネットワーク上のファイルサーバを使いました)。最後に作業にはなかなか時間がかかります。まぁこれは仕方がないですね。


http://www.forest.impress.co.jp/article/2002/10/03/drvimagerxp2.html


http://www.softpedia.com/get/System/Back-Up-and-Recovery/DrvImagerXP.shtml


【応用】
以前HDDを丸ごとコピーする方法でご紹介した方法に今回の内容が追加できそうですね。WEBサーバを100台増強とかいった場合、いろいろな方法がありますが、今回の方法は簡単かつ安上がりで、アルバイトの方でも作業できるオペレーションなので結構使えるかもしれません。

|

« @ITに連載を持つことになりました | Main | Windows2003 R2の仮想化環境を使いこなすためのコツ »

ストレージ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/8767866

Listed below are links to weblogs that reference ハードディスクの中身をそのまま移行する方法:

« @ITに連載を持つことになりました | Main | Windows2003 R2の仮想化環境を使いこなすためのコツ »