« ハードディスクの中身をそのまま移行する方法 | Main | Windwos2003Serverでの自動ログオン設定方法 »

February 27, 2006

Windows2003 R2の仮想化環境を使いこなすためのコツ

Win2003 R2の売りはいろいろありますが個人的に注目しているのは仮想化環境です。そこで今回は仮想化環境に注目している理由とそれを使いこなすためのコツを述べてみたいと思います。

【R2の仮想化環境とは何?】
・仮想化テクノロジを使用すると単一の物理的なハードウェア システム (サーバーなど) で複数のオペレーティング システム環境 (OS 環境) を実行することができる。
・x86 および x64 ハードウェア プラットフォームでの仮想化テクノロジ。
・追加コストなく4つまでの仮想インスタンスを実行できる

仮想化環境という考え方は大型汎用機やエンタープライズUNIX機の世界では一般的に使われていましたが、ついにWindowsでも一般的に使えるようになったのだということで感慨無量です。


【仮想化環境で注目している点】
仮想化環境ではハードウェア資源の有効活用というのが何よりもメリットが大きいです。例えばグループウェア、メール、DNS、WEBという4つのサーバが必要な会社において、仮想化環境という技術がなければ4種類のサーバを用意するか無理やり1台のサーバに詰め込むということになっていました。しかし前者はハードウェア資源がもったいない、後者は運用管理が難しいというデメリットがあります。

仮想化環境下では、1台のサーバ上にリアルOSをインストールし、その上に仮想の4つのOSインスタンスを立てることになります。4つのインスタンスはそれぞれ完全に独立していますから1つのOS上に無理やり全てのアプリケーションを立てるのと比べて運用管理コストが大幅に軽減することになります。

【仮想化環境を使いこなすためのコツ】
仮想化環境では複数のインスタンスが同時に動くわけですから普通の環境と比べて多くのハードウェア資源を消費することになります。仮想化環境を使いこなすためのコツは、ハードウェア資源の利用状況を押さえておくことに尽きます。

ただこのblogで何度も述べているように、ボトルネックの調べ方をしっかり押さえておかないと意味なくメモリやCPUを増設するハメになりますので、システム管理者としてはボトルネックの見極め方がとても大切になります。下記に過去記事リンクを載せて置きます。最適な投資を心がけましょう。

サーバのボトルネックはどうやって調べるか

|

« ハードディスクの中身をそのまま移行する方法 | Main | Windwos2003Serverでの自動ログオン設定方法 »

サーバ・OS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/8858730

Listed below are links to weblogs that reference Windows2003 R2の仮想化環境を使いこなすためのコツ:

« ハードディスクの中身をそのまま移行する方法 | Main | Windwos2003Serverでの自動ログオン設定方法 »