« January 2006 | Main | April 2006 »

March 06, 2006

Windows serverでDSRを行う方法

※まずDSRとは何ぞや?という方はこちらを見てください。

さて、以前書いた記事にはWindowsサーバでDSRを行う方法が含まれていないことに気づきました。そこで今回はその方法を記します。

(前提を記しましょう。このネットワークのネットワークアドレスが172.16.0.0、ネットマスクが255.255.0.0だっとします。そこにVIP172.16.115.10、ノードとなるWEBサーバが172.16.115.1と172.16.115.2の2台構成だったとした場合を考えてみます。)

【loopback adapterをインストールする】
DSRを行う場合各サーバにループバック設定を行わなければなりませんが、Windowsの場合デフォルトでloopbackアダプターがインストールされていませんのでまずはloopback adapterをインストールする必要があります。手順は以下の通り。


  • [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。次に [コントロール パネル] をクリックし、[ハードウェアの追加と削除] をダブルクリックします。
  • [デバイスの追加/トラブルシューティング] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  • [新しいデバイスの追加] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  • [いいえ、一覧からハードウェアを選択します] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  • [ネットワーク アダプタ] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  • [製造元] ボックスの一覧で、[Microsoft] をクリックします。
  • [ネットワーク アダプタ] ボックスの一覧で、[Microsoft Loopback Adapter] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  • [完了] をクリックします。


【loopback設定を行う】
次にloopback adapterのTCP/IP設定を開いてください。ここでIPアドレスにはVIP、サブネットマスクにはそのネットワークのサブネットを入れ、その他は空欄にしてください。設定例は以下の通り。


【テスト】
WEBブラウザーから「http://172.16.115.10/」と入力してみてください。無事動けば設定完了です。


※追記(2009/11/16)
どうやら上記設定はWindows2003のみ有効とのことです。下記を参照しました。
http://d.hatena.ne.jp/yoshifumi1975/20090316/p2

※おまけ
Fondry ServerIron系でのDSR設定例を記します。慣れてしまえば非常に簡単です。

server real node1 172.16.115.1
  port http

server real node2 172.16.115.2
  port http
!
!
server virtual SERVICE_IP 172.16.115.10
  predictor least-conn
  port http dsr
  bind http node1 http node2 http

| | Comments (15) | TrackBack (2)

March 01, 2006

Windwos2003Serverでの自動ログオン設定方法

Windows Updateをする度にログインするのは面倒くさいので、大勢が使うサーバの一部で自動ログインを実施しています。今回は覚え書きの意味も含めてそのやり方を記載してみます。(この方法、ちなみにWin2000でもできます)

1) スタートメニュー⇒ファイル名を指定して実行で
control userpasswords2
と入力しEnter 。

2) ユーザアカウントウィンドウが開くので、 「ユーザがこのコンピュータを使うときにはユーザ名とパスワードの入力が必要(E)」のチェックをはずし、 「OK」ボタン押下。

3) 自動ログオンウィンドウが開くので、自動でログオンしたいユーザ名とパスワードを入力して「OK」ボタン押下。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | April 2006 »