« 実践してみてわかったことシリーズその2 | Main | オープンソースにこだわる人の理由って正しい? »

April 04, 2006

カテゴリー分けされる人達

最近いろいろな人と話していて、なんかこの人はAタイプ,この人はBタイプといったようにきれいにカテゴリー分けができることに気がついた。このカテゴリー、いわゆる血液型や性格といった従来のものとは何だか様子が違うのである。

【発想が同じ】
特定のカテゴリーの人と話すと、何故か皆同じことを話す。発想が同じ。関心事が同じ。話題の結論が同じなのである。

【行動が同じ】
またそういった人達を見ると何故か皆同じ行動を取り出す。まるで何かに操られるような不思議な感覚を覚える。

【結局は情報源が同じ】
何故かな~とずっと考えていてたどり着いた結論は、同じカテゴリーに属する人は皆同じような情報源から情報を仕入れているということである。考えてみればIT技術者は一様にIT系専門のインターネットニュースを見る。専業主婦は一様に昼のワイドショーを見る。金融業界の人は一様に日経産業新聞を読むといった感じである。

ここで考えられる応用は2つ。一つは特定のカテゴリーに属したければ同じ情報源から情報を仕入れること。もう一つは自身の幅を広げたければ人とは違った情報源から情報を仕入れる努力が必要だということである。

|

« 実践してみてわかったことシリーズその2 | Main | オープンソースにこだわる人の理由って正しい? »

組織・スキルアップ 【人気】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/9420268

Listed below are links to weblogs that reference カテゴリー分けされる人達:

« 実践してみてわかったことシリーズその2 | Main | オープンソースにこだわる人の理由って正しい? »