« 「リーダーの仕事量は部下の質で決まる」の法則 | Main | LinuxでLVMのデータを抜き出す方法 »

June 13, 2006

リーダーの性格によって伝え方を変えるべし

同じ内容を伝えるにしても伝える相手に応じた伝え方というものがあります。そこで今回はリーダーの性格をうまく押さえないと評価されないという話しをしてみたいと思います。

【せっかちなリーダーには】
せっかちなリーダーの場合、

・まずは結論を話す
・内容の要点を整理して手短に伝える
・詳細については、結論を話したあと話すか、あえて話さずリーダーの質問を待つか、もしくは紙にまとめて渡す
・話すテンポをリーダーの速さに合わせて多少早口目に話す

というのが良いようです。


【おおらかなリーダーには】
一方、おおらかなリーダーの場合、

・こちらもまずは結論を話す
・こちらも内容の要点を整理して手短に伝える。
・詳細については、結論を話したあと穏やかに話す。ただしだらだら話さず極力手短に済ませる。
・話すテンポをリーダーの速さに合わせて多少おだやか目に話す

というのが良いようです。


【結論】
まずは結論から話し、内容の要点を整理して手短に伝えるのはどのリーダーに対しても共通です。重要なことは話すテンポをリーダーの速さに合わせることです。リーダーの話すテンポに合わせないとけむたがられるだけですので気をつけましょう。

|

« 「リーダーの仕事量は部下の質で決まる」の法則 | Main | LinuxでLVMのデータを抜き出す方法 »

組織・スキルアップ 【人気】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/10506394

Listed below are links to weblogs that reference リーダーの性格によって伝え方を変えるべし:

« 「リーダーの仕事量は部下の質で決まる」の法則 | Main | LinuxでLVMのデータを抜き出す方法 »