« 年収1000万円を稼ぐIT技術者になるためには | Main | メーカー別HDDシリーズ一覧表 »

August 09, 2006

ハードディスクは外側と内側で速度が違う

ハードディスクは外側と内側で速度が違います。外側が速くて内側が遅いです。またハードディスクは外側から内側に向かって書き込んでいきます。

ということは、Windowsをインストールするとき普段何気なくパーティションを分け、CドライブにOSを、Dドライブにデータを入れるという行為はとても合理的だということがわかります。何故なら、速度の速い領域をアクセス頻度の高いOS用に押さえ、OSよりはアクセス頻度の遅いデータはそれ以外の領域を使う、という使い分けをしているからです。なかなか奥が深いですね。

|

« 年収1000万円を稼ぐIT技術者になるためには | Main | メーカー別HDDシリーズ一覧表 »

ストレージ」カテゴリの記事

Comments

へー、本当に奥が深いですね。

Vaioなどの個人ユーザ向けパソコンでCとDにパーティションが切られている場合、あまりDって活用されてないと思う。
ちゃんとMy DocumentsフォルダやtempをDへ設定してやらないと、空っぽのまま放置されてる(笑)。

かくいう僕も、市販のユーティリティでDを削ってCの容量増やしたりして、DはMy Documentsとメールくらいにしか活用できてませんでした。

勉強になりました、ありがとう。

Posted by: mike | August 10, 2006 at 03:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/11351239

Listed below are links to weblogs that reference ハードディスクは外側と内側で速度が違う:

« 年収1000万円を稼ぐIT技術者になるためには | Main | メーカー別HDDシリーズ一覧表 »