« Notesの基礎概念 | Main | デフラグの有効性について考える »

September 10, 2006

IT技術者と肩こり

PCに向かっていることが多いIT技術者にとって、肩こりは職業病の一つだと言えます。かくいう私も肩こりに大変苦しんでいて、いろいろ調べました。そこで今回は私が知っている範囲で肩こりについて記してみます。ただし言うまでもなく私は医療系の専門家ではありませんのでその点はご注意ください。

PS: 余談。実は高校生のときは薬学部志望でした。そのとき受かっていたら(ふっ、落ちたのさ・・・)今はIT技術者ではなく薬剤師になっていたことでしょう。ところで昨日たまたま横浜そごうの本屋で薬学系の専門書を開いてみたら内容が鬼のように難しくてびっくりしました。薬学の道に進まなくて正解だったのかもしれません(苦笑)。薬学部といえば受験会場が女性ばかりだったのが印象深いです。ほんと余談でした。

【肩こりの種類】
肩こりの原因にはいろいろあるようです。一番わかりやすいのは血行不良なのですが、それ以外にも内臓系の病気などいろいろあるそうです。今回さすがに全ての肩こりの原因を追っているときりがないので、今回は血行不良による肩こりに限定したいと思います。

【血行不良の原因】
血行不良の原因は

1.姿勢が悪い
2. 運動不足
3. 食生活で油ものが多い
4. 湯船に浸かることが少ない

が主なものだと思います。

1については、とても重い人間の頭を首でうまく支えることができず、首が肩をひっぱることでその部分の血行が悪くなります。

2については、運動しないことで血流が悪い、筋肉が退化することで首や肩が頭を支えきれなくなる、こりかけている部分の筋肉をいつまでも使わないのでいつまでもほぐされない、という3つが考えられます。

3については、油は血中のコレステロールを増やし、血流を悪くします。

4については、湯船に浸かると血流が活発化されますが(運動するのと同じ効果)、シャワーだけだとそんなに活発化しません。


【肩こりの解決方法】
根本的な解決には血行不良の原因に記したことと反対のことをやればいいわけですね。それ以外の方法はまずないと思います。

応急処置という意味で思いつくのは以下の通りです。

1. 足裏マッサージ・マッサージをする。(女性客の多い癒し系リフレクソロジーでは駄目。個人的には台湾式のハードなものがお勧め)

2. 首周りのマッサージをする。(http://plaza.rakuten.co.jp/yuhdisensei/diary/200508280000/)

3. はり・きゅうをする。(実はまだやったことないです。どなたか体験談please)

4. 目の疲れを取る。(知人から聞いた方法をコピペですが、ガーゼかハンカチをぬらして湿らせて両目の上におくので、長方形に折って冷凍庫へ三本。他に湿らせたものを3本。冷えた1本目を寝て目をつぶった上において冷やしてその間に、電子レンジで1本を1分温める。3分ぐらい目を冷やしたら、2分ぶん冷めた温かいほうと交代。それを三セット。)

|

« Notesの基礎概念 | Main | デフラグの有効性について考える »

雑記・コラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/11841042

Listed below are links to weblogs that reference IT技術者と肩こり:

« Notesの基礎概念 | Main | デフラグの有効性について考える »