« 情報過多時代の情報管理 | Main | IT技術者と肩こり »

September 08, 2006

Notesの基礎概念

Notesは古いアーキテクチャーで現在主流の3階層モデルとは概念がずいぶん異なります。そこで今回はNotesの基礎概念を図解してみたいと思います。ではご覧ください。


※3階層モデルでは1システムにDBが一つですが、Notesではメールユーザや機能毎にDBを用意します。


※NotesDB内にはデータ(文書)だけでなくプログラム(設計)も保持します。また閲覧/編集などの権限が入ったプロパティ(属性)も保持します。


※設計を更新したら、マスターDBに反映後、関連DBにコピーします。(例えば掲示板のロジックを変更する場合など)

|

« 情報過多時代の情報管理 | Main | IT技術者と肩こり »

ソフトウェア」カテゴリの記事

Comments

をを。参考になります。
8年くらい前に1利用者としてしかノーツを使ったことがないのに、ノーツ移行セミナーを企画しなきゃいけない立場なので。。
まあ、もう企画自体は通っちゃって、内容をより具体的にしているとこなのですが、「ノーツとはなんぞや」がよくわかってなかったのです。
ありがとうございます。

Posted by: かっきい | September 08, 2006 at 07:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/11809417

Listed below are links to weblogs that reference Notesの基礎概念:

« 情報過多時代の情報管理 | Main | IT技術者と肩こり »