« 職業選択の不自由 | Main | Notesの基礎概念 »

September 03, 2006

情報過多時代の情報管理

最近はありとあらゆる情報がネット上に公開される時代になったことで、取り急ぎ必要な情報はネット上で探してきて済ませてしまうという人も多いかと思います。しかし情報をネットに依存しすぎると情報におぼれる危険性があります。そこで今回は情報過多時代の情報管理というテーマを記してみたいと思います。

【情報を溜める時代】
価値ある情報がネットにたくさん公開されるようになってから、一人一人が目に触れる情報が以前とは比べ物にならないくらい多くなってきています。いわゆる情報過多時代ですね。情報過多時代に対応するために、最近では情報にタグ付けすることで有用と思われる情報を溜めておくことで個人情報データベースを作っておき、いざというときに必要な情報を引き出す情報管理手法が流行しています。この方法は全部の情報に目を通すことができない情報過多時代には一見合理的な方法に見えます。

【情報過多時代は情報破滅を招く】
しかし個人情報データベースのメンテナンスには大変な手間がかかります。個人情報データベースを常に価値あるものにするためには日々多くの情報源に触れ日々新しい情報を追加する必要があります。一度個人情報データベースを作り始めると少しでも価値がありそうだと直感的に思った情報を次々と溜め込むようになります。一度この習慣がついてしまうと日々ますます情報を探すようになり、近いうちに情報破滅を招きます。

【価値ある情報はその場で理解し、あとは捨てる】
価値ある情報をとりあえずブックマークしておいてあとで読もう、と思うことは多いですが、実際はそういう情報はほとんど読まれません。であるならば、その情報を見て読む価値がある瞬間によく読んで理解までしてしまうことです。またその場で読めない情報は潔く捨てる勇気も必要です。この習慣をつけないといつまでも情報集めだけに時間が取られ、肝心の情報を理解する行為がまったくできなくなることでしょう。

|

« 職業選択の不自由 | Main | Notesの基礎概念 »

組織・スキルアップ 【人気】」カテゴリの記事

Comments

同感です。私も切り捨てる勇気を心がけています。

そのため、最近はネットサーフィンすることがなくなりました。
RSSリーダー(livedoorリーダー)で気になった記事をピンをつけ、まとめて読んで「はい、おしまい」って感じです。

以前はメーラーにもデータベースのごとくたくさんのメルマガのバックアップがありましたが、今ではそれもなし。

おかげでパソコンの中も家の中も無駄なものがなくなりました(笑)。

Posted by: takashio | September 04, 2006 at 01:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/11748926

Listed below are links to weblogs that reference 情報過多時代の情報管理:

« 職業選択の不自由 | Main | Notesの基礎概念 »