« 高速ファイルコピーツールを使おう | Main | PCを使うと時間を浪費する »

October 03, 2006

技術者とマネージャ

以前飲みの席で出た話題。

「技術者として極めることとマネージャとして極めることは全然性質が異なる。マネージャとしてやっていくと技術ができなくなるが、未練はないのか」的なことだったかな。

未練がないか、と聞かれると別に未練はないなぁ。別に技術を全くやらなくなるわけではないし、今でも興味がある本があれば趣味として買ってます。特に新技術の場合、概要だけでも押さえてないとどうも気になって仕方がないという感じです。

マネージャという役割が素敵なのは、僕は自分ひとりだと大きすぎてできなかったことができるようになるという点だと思うんです。

自分でやらなければならない技術者の立場だとどうしても自分のキャパシティを広げるのに精一杯で、実際自分はこの技術を使って何をやりたいのか、というところまで考えが到達しない気がします。一方マネージャは、細かいところは技術者の皆さんがやってくれるので、何をやりたいのか、ということを考えることに特化できます。これはとっても素敵です。

ただ世間一般的なマネージャのイメージはどうしても人を如何に管理するかという観点が強調されるのでマネージャになりたくない&技術に特化していたいという人も多いんですよね。もったいない考えだなあと思います。

|

« 高速ファイルコピーツールを使おう | Main | PCを使うと時間を浪費する »

組織・スキルアップ 【人気】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/12140097

Listed below are links to weblogs that reference 技術者とマネージャ :

« 高速ファイルコピーツールを使おう | Main | PCを使うと時間を浪費する »