« ベンチャー企業に思うこと | Main | 安く、早く、確実、安全なバックアップとは »

November 04, 2006

購買における意思決定力について

自分のものを買うとき、安い買い物だとすぐに意思決定できるけど、高いものになるとなかなか意思決定できないということはありませんか。どうやら値段と意思決定力は反比例の関係みたいです。たとえばこんな感じです。

 ・価格が自分の月収の1%以下の場合(例:月収30万円なら3000円)→すぐに意思決定できる
 ・価格が自分の月収の10%以下の場合(例:月収30万円なら3万円)→かなり悩むけどその日のうちに意思決定できる
 ・価格が自分の月収の100%以上の場合(例:月収30万円なら30万円)→その日のうちに意思決定できない。

さて、これを踏まえて。会社で購買を命じられたとします。慣れないうちはどうも上記の法則に囚われ、なかなかうまく購買ができないものです。例えば月収30万円の人が、会社で購買しようとするサーバが50万円程度だとしたら、自分の月収を超える額になるのでなかなか意思決定できないというような。

ここで重要なポイントは、会社の購買を自分の買い物と同じように行わない、ということです。自分の買い物の場合いろいろな意味でどうしても主観が入るのでなかなか決まらないですが、会社における購買はできるだけ主観的な要素を捨て合理的に意思決定していくことが重要です。そうすれば極端な話しどんな高価な購買になったとしても割とすぐに意思決定できます。

【まとめ】
会社における購買とは主観を捨てて合理的に意思決定を行うべし。合理的に意思決定を行うためにはそのためのデータ収集が必要で、データさえ集まってしまえば5秒程度で意思決定が可能なはず。くれぐれも個人の買い物のように余計なことを考えてぐだぐだ悩まないことが重要です。

|

« ベンチャー企業に思うこと | Main | 安く、早く、確実、安全なバックアップとは »

ソリューション・購買」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/12545534

Listed below are links to weblogs that reference 購買における意思決定力について:

« ベンチャー企業に思うこと | Main | 安く、早く、確実、安全なバックアップとは »