« コマンドリファレンス集 | Main | アプリケーションをインストールする方法の比較 »

May 09, 2007

データベースで大文字と小文字の区別に注意を

経験豊富なシステム管理者であれば過去にきっと1度は経験するトラブルの一つに「DBで大文字と小文字の区別をしてくれない」というものがあります。これに関連するトラブルでよくあるのは「ユーザ登録時にUSERというユーザ名でアカウントを作ったはずなのにuserでもログインできてしまう」というものがあります。予めその現象をシステム管理者が知っていれば仕様という一言で済みますが、このことを知らなかったらきっと大騒ぎとなることでしょう。

もし大文字と小文字をしっかりと区別したいのであればその解決方法がしっかり用意されています。注:ただしこの辺り実は私はあまり詳しくないのでひょっとしたら間違っている、もしくはそれは昔のことで現在のバージョンでは別の解決方法が必要になっているかもしれないので参考程度に読んでください)。

・MySQLの場合はカラム型毎に挙動が違っているらしいです。例えばTEXT型は大文字と小文字を区別しないがBOB型は区別する。varcharは大文字と小文字を区別しないがcreate tableするときにvarcharの後にBINARYをつける。

・ORACLEの場合はselectするときにUPPERやLOWERを使う。(例:select * from test_tbl where upper(name) like '%D%';)

・SQLServerの場合はデータベース作成時に照合順序をバイナリに変更してください。

など。

また同様に半角・全角の区別にも気をつけてください(ORACLEであればTO_MULTI_BYTEやTO_SINGLE_BYTEを使う)。DBって面倒くさいですね。

|

« コマンドリファレンス集 | Main | アプリケーションをインストールする方法の比較 »

データベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/15058751

Listed below are links to weblogs that reference データベースで大文字と小文字の区別に注意を:

« コマンドリファレンス集 | Main | アプリケーションをインストールする方法の比較 »