« Linuxでそこそこ安全かつ楽にサーバを立てる方法 | Main | 中古PCのよい活用方法を探しています »

September 12, 2007

割と便利な帯域制限方法(Linux編)

※帯域制御ではありません。帯域制限ですのでご注意を。

帯域制御をしようと思うとそこそこ面倒くさい(もしくはお金がかかる)ですが、大雑把でよければ簡単に帯域制限できる方法があるのでご紹介します。それはインタフェース的に制限をかけてしまうという方法です。

例えば1000baseTのNICを使っていたら、そのNICはおそらく10baseT(Half/Full)、100baseT(Half/Full)、1000baseT(Full)の5種類のモードに対応していると思われます。そのNICに対して思いっきり帯域を絞りたいのであれば10baseT(Half)に設定すると10Mbps以上の帯域が使われることがなくなるといった感じです。

【設定方法】
さて、設定方法ですが、例えば10baseT(Half)に設定しようとした場合、まずはお使いのNICが10baseT(Half)に対応しているか確認します。

対応しているようであれば

とすれば10baseT(Half)として認識されるようになります。

|

« Linuxでそこそこ安全かつ楽にサーバを立てる方法 | Main | 中古PCのよい活用方法を探しています »

サーバ・OS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/16422909

Listed below are links to weblogs that reference 割と便利な帯域制限方法(Linux編):

« Linuxでそこそこ安全かつ楽にサーバを立てる方法 | Main | 中古PCのよい活用方法を探しています »