« サーバをシャットダウンする作法(UNIX系OS編) | Main | EeePC900購入記(その1) »

May 31, 2008

Linuxが入らないサーバに無理やりLinuxをインストールする方法

今回はLinuxが入らない(というかLinux用ドライバー、特にRAIDコントローラーが用意されていない)サーバに無理やりLinuxを入れる方法を思いつきましたのでご紹介します。

私は趣味がサーバなもので、たまにヤフオクなどで昔のサーバを購入してはCentOSなどをインストールするんですが、最近購入した東芝Magnia Z310でCentOS5をインストールしようとするとブート途中でフリーズしてしまいました。おそらくRAIDコントローラー用ドライバーがないからだと思い探してみたんですが、どうしてもそれが手に入りませんでした。

ドライバーがなければCentOS5の利用は無理かな、と思った瞬間一つのアイデアを思いつきました。それは仮想化技術の利用です。仮想化すればドライバ部分は仮想化エンジンが吸収してくれますしね。ということで早速Windows2000をインストール後、そこにVMWare Serverを入れ、その上でCentOS5をインストールしてみたら難なく動きました。

普通は新しいサーバに古いOSを入れるわけなんですが、今回は逆に古いサーバに新しいOSを入れるというところが新しいです。(-_☆)キラーン

無論「そこまでやって何の意味があるの?」というご指摘はありそうですが、サーバ負荷が低い中小企業の社内サーバ用途ならむしろアリだと思ってます。その方法を使うと1台のサーバ上でWindows Serverとしての利用に加えてLinux Serverとしての利用もできるようになるわけで、これはこれでむしろ便利かなと思いました。

|

« サーバをシャットダウンする作法(UNIX系OS編) | Main | EeePC900購入記(その1) »

サーバ・OS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/41379070

Listed below are links to weblogs that reference Linuxが入らないサーバに無理やりLinuxをインストールする方法:

« サーバをシャットダウンする作法(UNIX系OS編) | Main | EeePC900購入記(その1) »