« 大規模システム構築と小規模システム構築の大きな違い | Main | リリース1年弱で登録ユーザー数3,500万人突破した無料通話・メールアプリ「LINE」を支えるインフラ開発 »

June 04, 2012

Amazonで二度と機械モノは買わないと思った話

送料無料で何でも安く早く買えるAmazon。とても便利なのでよく利用していますが、最近とてもがっかりした話がありますので書いてみます。

先日AmazonでASUS社のマザーボードを買ったのですが、数ヶ月に壊れてしまいました。そのこと自体はどうしようもないことなので特に何も思っていませんが、問題はAmazonの対応です。

箱には、修理対応は購入店を経由してほしい旨書いてあったのでAmazonに連絡してみました。すると機械類については直接メーカーに問い合わせてくれという。そこでメーカーに連絡してみるとやはり購入店に連絡してくれという。

仕方ないので再度Amazonに連絡してみると、Amazonでは◯ヶ月以内の初期不良交換は無料で行うが、それ以降だと手数料がかかるが、今回は事情が事情なので、今回に限り無料で交換を行うという返事が返ってきた。

冗談じゃない。

こちらは保証期間中に壊れたので無償修理をしてほしかっただけで、新品交換してほしいだなんて一度も言っていない。しかも今回に限り無償交換ということは、次回以降は保証期間中でも有償交換になるということか。

話を聞いてみると、どうやらAmazon内にはハードウェアの修理対応担当部署がないとのこと。こんな販売店からは以後怖くて機械モノは買えないと思いました。

|

« 大規模システム構築と小規模システム構築の大きな違い | Main | リリース1年弱で登録ユーザー数3,500万人突破した無料通話・メールアプリ「LINE」を支えるインフラ開発 »

雑記・コラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/54871261

Listed below are links to weblogs that reference Amazonで二度と機械モノは買わないと思った話:

« 大規模システム構築と小規模システム構築の大きな違い | Main | リリース1年弱で登録ユーザー数3,500万人突破した無料通話・メールアプリ「LINE」を支えるインフラ開発 »