« March 2012 | Main | October 2013 »

June 14, 2012

リリース1年弱で登録ユーザー数3,500万人突破した無料通話・メールアプリ「LINE」を支えるインフラ開発

先日リクナビNEXTさんから取材を受けました。写真入りで恥ずかしいですが。(笑)

リリース1年弱で登録ユーザー数3,500万人突破した無料通話・メールアプリ「LINE」を支えるインフラ開発

(記事掲載の2012年5月23日時点では3500万ダウンロードでしたが、この記事を書いている2012年6月13日時点では4100万ダウンロードを超えているようです。本当に凄い勢いですよね)


最近大ヒットしているLINEですが、あまりにも成長スピードが速すぎてインフラ構築は本当にきついです。企業秘密に触れない範囲でちょっとだけ舞台裏を暴露してしまうと、以前はサーバ納品速度がボトルネックでした(今は違います。それは内緒)。

いくらサーバを増設してもすぐに追加増設を求められる状況で、サーバ発注から納品までの期間をいかに縮めるか大変苦労しました。特にタイ洪水のときはHDDがなかなか確保できず、HDD確保後生産してもらったサーバをどの船や飛行機に乗せてもらえば納期に間に合うか、というレベルまでベンダーさんと調整したときもありました。今ではサーバベンダーさんに無理を言ってかなり短い期間でサーバ納品してもらえるようになりましたが。

・・・というような裏話がそれこそ本一冊書けるくらい連日発生している状態です。

それでも現在なんとか回せている理由は、リクナビNEXTのWEBページにも書いてありますが、昔ハンゲームが急成長したときに苦労した経験がものすごく生きているからだと思っています。当時の経験から、今の状態がこのまま続くと次は何が問題になるかを高い精度で導き出せるので、現場のメンバーには現在起こっていることを解決してもらう裏で、私が今後起こることを事前に対策する、という感じで回しています。

この辺の話は技術論とは別に多くの方に役立つ話だと思うのでぜひ公開したい気はありますが、果たして会社から許可でるかなあ。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2012

Amazonで二度と機械モノは買わないと思った話

送料無料で何でも安く早く買えるAmazon。とても便利なのでよく利用していますが、最近とてもがっかりした話がありますので書いてみます。

先日AmazonでASUS社のマザーボードを買ったのですが、数ヶ月に壊れてしまいました。そのこと自体はどうしようもないことなので特に何も思っていませんが、問題はAmazonの対応です。

箱には、修理対応は購入店を経由してほしい旨書いてあったのでAmazonに連絡してみました。すると機械類については直接メーカーに問い合わせてくれという。そこでメーカーに連絡してみるとやはり購入店に連絡してくれという。

仕方ないので再度Amazonに連絡してみると、Amazonでは◯ヶ月以内の初期不良交換は無料で行うが、それ以降だと手数料がかかるが、今回は事情が事情なので、今回に限り無料で交換を行うという返事が返ってきた。

冗談じゃない。

こちらは保証期間中に壊れたので無償修理をしてほしかっただけで、新品交換してほしいだなんて一度も言っていない。しかも今回に限り無償交換ということは、次回以降は保証期間中でも有償交換になるということか。

話を聞いてみると、どうやらAmazon内にはハードウェアの修理対応担当部署がないとのこと。こんな販売店からは以後怖くて機械モノは買えないと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2012 | Main | October 2013 »