« LinuxでのNIC冗長化(bonding)を少し深く考えてみる | Main | dmマルチパスを用いたDELLストレージ設定方法(MD30xx編) »

March 30, 2014

パスワードなしでrsyncする方法

他のサーバにrsyncしたいときがあります。その場合考えなければならないのが認証です。よく見られるのは送信先のSSH公開鍵を送信元に登録することで認証をスルーする方法です。しかしrsyncの場合、そんなことをせずともパスワードなしでrsyncできるということを最近知りましたので記録を残しておきます。

【送信先での設定】
まずはパスワードなしでrsyncするために、送信先サーバに下記の要領で/etc/rsyncd.confに追記します。rsyncdの再起動は不要です。

[USERDATA]
   comment=user data
   path=/home/user
   read only=false
   uid=user
   gid=user
   hosts allow=送信元サーバのIPやFQDN
   hosts deny=*

【送信元でのrsync実行】
続いて送信元でのrsync実行となります。下記の要領でrsyncを実行するとパスワードが聞かれずrsyncが可能となります。

rsync -av /home/user/data user@DESTHOST::USERDATA


ご参考までに下記は通常のパスワードが聞かれるrsyncの実行方法です。

rsync -av /home/user/data user@DESTHOST:/home/user

|

« LinuxでのNIC冗長化(bonding)を少し深く考えてみる | Main | dmマルチパスを用いたDELLストレージ設定方法(MD30xx編) »

サーバ・OS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32004/59381218

Listed below are links to weblogs that reference パスワードなしでrsyncする方法:

« LinuxでのNIC冗長化(bonding)を少し深く考えてみる | Main | dmマルチパスを用いたDELLストレージ設定方法(MD30xx編) »