7 posts categorized "日記"

March 10, 2008

【日記】 今IT資産管理ツールを作っています

ご無沙汰しております。最近は更新が滞りがちですみません。

実は今IT資産管理ツールを作っています。まずはWindows用としてVC++で作ってます。IT資産管理ツールを作ろうと思ったきっかけは、IT資産管理ツールのニーズはそれなりにあるにも関わらず、我々にとって手ごろなものが有料/無料のもの問わずなかなかみつからなかったからです。だったら自分で作っちゃおうかな、というのがきっかけとなります。

ただ難しいのは市販のIT資産管理ツールと一言で言ってもその概念は結構広いんですよね。主だったところを挙げると資産管理台帳管理機能、インベントリー情報収集機能、セキュリティパッチ適用状況管理機能、生存確認機能、リモートサポート用接続機能などでしょうか。どこまで作るべきかは正直悩んでいます(今は取り急ぎ資産管理台帳管理機能とインベントリー情報収集機能のごく一部まで実装済みです)。

一旦公開して皆さんのご意見を取り入れながら方向性を決めていくか、それともある程度作ってから公開するか決めかねています。とりあえず最近はこんな感じです。

PS(私信): MOONGIFTさん、完成したらサイトで紹介してください(笑)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 01, 2007

携帯電話普及率が100%を超える国

携帯電話普及率が100%を超える国があることを知り驚きました。

香港(118.8%)
スウェーデン(108.5%)
イタリア(108.2%)
チェコ(105.6%)
イスラエル(105.2%)
ノルウェー(103.6%)
イギリス(102.2%)
スロベニア100.5%)
台湾(100.3%)

だそうです。

情報ソース(韓国のサイト): http://news.naver.com/news/read.php?mode=LSD&office_id=112&article_id=0000061013§ion_id=105&menu_id=105

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2006

クリップアート集

サーバ、ネットワーク機器、プリンタ等のクリップアートです。パワーポイント等でお使いください。

■CISCO
http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/service/tac/503/2-j.shtml

■アライドテレシス(Allied-telesis)
http://www.allied-telesis.co.jp/library/parts/list.html

■Microsoft
http://office.microsoft.com/clipart/default.aspx?lc=ja-jp

■富士ゼロックス
http://www.fujixerox.co.jp/support/howto/material/

■キヤノン
http://cp.c-ij.com/japan/index.html
http://cweb.canon.jp/pixus/download/index.html


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2006

実践してみてわかったことシリーズその2

今回のテーマは語学です。語学音痴を自称していた私が韓国語を使う仕事に就くようになるまでの話しをしてみたいと思います。

【昔話】
実は私、英語が大の苦手でして、大学の授業で英語を履修したら卒業できないのではないかと思うくらいの恐怖がありました。幸いなことに僕がいた学部は英語以外の語学を第1外国語にすることが可能だったので、当時一番簡単に単位が取れそうだということで韓国語を履修したというのが韓国語を始めた本当のきっかけです。ちなみに今でこそ韓流ブームで韓国語は人気ですが、当時韓国語は超マイナー言語だったんですよ。

授業が始まってからも語学音痴ぶりはすさまじく、多分クラス中ビリから数えたほうが早いくらいの成績だったんじゃないかなあ。そんな感じでした。

その後1年半の履修期間が終わったあとも何故か興味は続いていたようでNHNラジオ講座等を聞きながら独学し、一度勉強したはずの内容をそのとき改めて理解したという感じでした。田舎キャンパスだったので自動車通学だったのですが、通学中ラジオの録音を聞きながら真似して音読するということを繰り返しているうちに基本的な表現を少しずつ話せるようになってきました。

あるとき韓国旅行に行ったときどうしても韓国語を話さなければならないシチュエーションに出くわして恐る恐る話してみたらうまく通じてとても嬉しくなってそれから今までずっと勉強を続けています。その後は韓国系の仕事をしていることもありかなりの場数を踏んでます。

【語学を習得するためには】
語学を取得するには2つのポイントがあると考えています。一つは外国人に話しかけることができる勇気を身につけること。もう一つはとにかく継続することです。

語学は「勉強」と思った瞬間につまらないものになってしまいます。楽しく続けるためのモチベーションを作ることが苦痛な勉強を自分に強いることよりよっぽど重要だと思います。

【語学を習得してみてわかったこと】
どこまでいけば習得と呼べるかはわからないのですが自分の中ではまだまだ先は長いと考えているのでこのタイトル付けは正しくないのですが、まぁそれは置いておいて、ある程度話せるようになって思ったことは、「仕事の上では語学ができるというだけではWordやExcelが使えるのと同様、単に自分の道具が一つ増えるだけだな」ということです。

高校生くらいまでは、もし自分が語学ができるようになれたら一生安泰というくらいすごいことであると考えていましたが、周り、特にうちの社内を見渡すと語学が出来る人が大勢居すぎて全然特別なことではないです。仕事中他の人から「このPCでこのメールはどうやって開くんですか?」というような質問と平行して「この韓国語の単語って日本語に訳すとどういう意味ですか?」と聞かれるようなごく当たり前な感じです。なので「これから語学をマスターして自分が特別な人になってやろう!」などと考えるのであれば他のことを極めたほうがいいかもしれないです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2006

実践してみてわかったことシリーズその1

今回のシリーズで書こうとしているテーマ、普段なら技術者仲間とよほどたくさん飲んでいるときでないと話さないようなことを記してみたいと思います。そんなわけでシリーズ第1回は「いろいろなサーバOSをマスターしてみた」というテーマでいきます。

【昔話】
元々大学生時代に何故かUNIX使いになってみたいと漠然と考えたことがスタートでしょうか。当時Solarisは高値の花だったので、フリーで使えるOSということでゼミ内で人気が二分していたLinuxとFreeBSDのうち僕は理由は忘れましたがFreeBSDを選びました。

FreeBSDは今も昔もそれなりに知識がある人にとってはインストールがまぁまぁ簡単なのですが当時はまったく知識がなかったのでインストールにやけに時間がかかった記憶があります。特にHDD容量が非常に少ない時代。全てのパッケージを入れるとHDD容量をオーバーするので何を削ればよいのか全然わからず非常に苦労した記憶があります。

また僕のUNIXデビューはBSD系OSで始まったため、その後SystemV系っぽいOS(Solaris,Linux等)を勉強し始めたとき非常に違和感を覚えた記憶があります。

【いろいろなサーバOSをマスターすることになった経緯】
学生時代は趣味でFreeBSD、Solaris、IRIXをいじってました。

大企業に入ったときは仕事上必要でNTを勉強しました。

今の会社ではやはり仕事上必要でLinux(Redhat/FedoraCore/Turbo)、Win2000、Win2003を覚えました。あとAIXもちょっとだけかじりました。

WinとUNIX系OSがあるのは特に説明がいらないにしても、何故UNIX系OSとしていろいろなものを使うことになったか。それは昔書いたこちらの記事にも書きましたが、OSによって一長一短があるからです。今所属している会社はものすごい台数のサーバがあるため、ちょっとの差が大きなサーバ台数や管理コストの差になるためそこまでシビアに考えてました。

【いろいろなサーバOSをマスターしてみて】
一般的に1つのOSをマスターすると自分がマスターしたそのOSに固持する傾向がよく見られます。例えばRedHatをやっとこさ覚えた人に対してSolarisで行くことを提案すると主観的に拒絶してみたり、と。そういった意味では他の人と比べていろいろなサーバOSを体験していることでOSの選定時客観的かつ冷静な目で行えるようになってます。

よくある偏った意見、例えば「Windowsはコストがかかるから駄目」「Windowsはセキュリティが弱くLinuxは安全」「Turbo Linuxは導入実績が少ないので不安」等が出ると、経験談も織り交ぜて反対意見も提示してみたくなったりします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 06, 2005

【メモ】 完全個人用のメモ

日本の人口 1億2000万人
日本の家庭 4500万世帯
関東圏の人口 3300万人
関西圏の人口 2000万人
東京の人口 1200万人

関西全体のGNP 6000億ドル
給料所得者 6700万人

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2005

コメントを拝見していて思うこと

コメントをいただいている立場の人間がこういうことを書いてもいいのかと思ったりもしますが、まあこういうちょっとピリ辛な味のあるBLOGですのであえて書いてみます。


私の書き込んだ記事に対して「いや、あなたの意見は間違ってます!なぜなら・・・」というコメントをたまにいただきます。それはそれで別に構わないのですが、そのことに対して私は「この人はなんだか勿体無いなぁ」と思ってしまうのです。

コラムというのは著者自身が思っていることを書き連ねたものであるといえます。コラムが教科書やマニュアルと根本的に違うのは、内容の正確性よりも著者独自の視点の有無が非常に重視されるということです。そう考えるとコラムというのは間違った内容が載っているかもしれないが、著者の言っていることが面白いと思える要素が1つでもあればそれはそれで良いコンテンツであるといえるのではないかなと思います。

読者から見れば著者が別に間違った考え方をしていようとも損も得もないわけです。そう考えると私はコラムに対する反論というものにあまり意味を感じないのです。著者の立場としての私が勝手に思う願いとしては、間違っていると思えば無視をしていただければよいが、逆に「これは面白いな!」と思うことに関して積極的にコメントいただきたいなと思います。ポジティブなコメント交換のほうが話しが広がっていきやすく双方にとってよほど意味があると思うんですよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)